2012年04月05日

【売国奴民主党】過激派 福島大で暗躍、「反原発」で活動家養成 NPOで資金集め

【 売 国 奴 民 主 党 】








【東日本大震災】
過激派 福島大で暗躍、「反原発」で活動家養成 NPOで資金集め


2012.4.5 01:07


 東日本大震災の被災地で、過激派「革命的共産主義者同盟全国委員会(中核派)」【売国奴民主党】過激派 福島大で暗躍、「反原発」で活動家養成 NPOで資金集め が、勢力拡大に躍起になっている。公安当局は「震災で吸引力を増した反原発やボランティアを隠れみのに勢力を拡大しようとしている」とみて警戒を強めている。

 4日、入学式が行われた福島大近くで、男が新入生に反原発集会への参加を呼びかけるビラをまいていた。

 この男は2月中旬、福島大の学生食堂で行われた学生有志による原発に関する勉強会で、「原発をなくすには行き過ぎた資本主義を改善しないと」と力説していた人物だ。机上のテキストは「共産党宣言」。プリントには「マルクス主義学生同盟中核派」と記載されていた。男は東北大の学生で、福島大の質問に「自分は中核派だ」と答えたという。

 公安関係者によると、勉強会の主催者はデモでの逮捕歴のある中核派全学連幹部で上智大の活動家だった。参加した学生は「原発事故で興味を持っていったが、団体名は伏せられていた」と話す。


 勉強会の開始当初、テキストは「全原発を廃炉に」だったが、出版元は中核派の拠点とされる前進社。公安関係者は「いわゆる『オルグ』。受け入れやすいテーマから徐々に引き込む典型的な手口」と指摘。「反原発機運を盛り上げる段階から活動家養成段階に入ったといえる」と分析する。福島大関係者によると、昨年末には別の福島大生が「中核派に入った」と周辺に漏らしている。

 過激派が福島大で活動を始めたのは震災後で、福島大では約20年ぶり。学生も大学側も蓄積が少なく、立ち入り禁止などの強硬手段に踏み込めずにいるという。

 「オルグ」だけではない。前進社はホームページで子供用診療所の福島県内での建設を主張。別の公安関係者によると、NPO関係者が呼びかけ人の建設推進団体の事務局には中核派活動家が入った。公安関係者は「すでに自治体が診療しているのに不自然だ」として、NPOを巻き込んだ資金集めとの見方を強めている。

関連ニュース



http://sankei.jp.msn.com/affairs/news/120405/dst12040501090000-n1.htm転載




革命的共産主義者同盟全国委員会 - Wikipedia






中核派=テロリスト(大量虐殺、日本人拉致)の残党が民主党に相当数 ...





指名手配犯と福島瑞穂


中核派の主張

福島瑞穂 中核派


タグ:民主党
2011年04月05日

【動画】 これに辻元清美が激怒したんだろ?

これに辻元清美が激怒したんだろ?




今回の震災で、
辻元清美が「事前協議なしの着陸は安全を無視した行為」と米軍の救援活動に抗議した。

「日本側はお手上げだった。だからノウハウを持ったわれわれが最初に復旧を手がけることにした」

米空軍のブッカー大尉は24日付米軍準機関紙「星条旗新聞」でこう語った。

大尉が所属する嘉手納基地(沖縄県嘉手納町など)の第320特殊戦術飛行中隊は3月16日、
パラシュートで空挺隊員と装甲車ハンビーを宮城県松島町上空付近から空中投下した。

目標は仙台空港。津波によって泥とがれきに埋もれて復旧のめどが全く立っていなかった。
同中隊が空から降下したのは空港にいち早く陸路で入り、再開作業を始めるためだ。
夜間や悪天候をついてひそかに敵の背後にパラシュート降下するのを得意とし、
アフガニスタン戦争も経験した精鋭部隊の本領発揮だった。

原子力空母ロナルド・レーガンも救援活動のため三陸沖に展開中だ。
だが、いかに空母といえども大型輸送機は離着陸できない。
物資の大量輸送を可能にする空港の重要性を熟知した上での判断があった。

空港で米軍は自衛隊員らとともにがれきの撤去にとりかかり、
3時間で大型輸送機C130が着陸できる長さ1500メートルの滑走路が完成。
3月20日には、C130の3倍の積載量を誇る米空軍の大型輸送機C17が
約40トンの人道支援物資を積んでアラスカから到着した。

えっ? この状態を3時間で・・・



3時間で復旧って凄すぎだね・・・


放射能汚染を回避しながら、戦地同様の思い切った作戦を展開する米軍。
原発事故では、放射能被害管理の専門部隊450人の派遣準備に入った。
原子炉を冷却する真水を積んだ米軍2隻目のバージ(はしけ)船も3月26日午後、
米軍横須賀基地を出港した。

米政府は持てる能力を日本側にフルに提供する姿勢を見せている。
それを後押ししているのは、最高司令官のオバマ大統領だ。

対応は素早かった。
地震発生から5時間20分後の11日早朝には、「日米の友情と同盟は揺るぎない」との声明を発表。
昼の記者会見では 「日本には個人的なつながりを深く感じており、悲痛な思いだ」と心情を吐露し、
その後も8回にわたり日本の災害に言及し、日本を励ました。

世界各国で突出した米国の日本支援は、むろん人道的な側面だけではない。
東アジア地域で、自由と民主主義という共通の価値観を持つ日本の復活が、
地域の平和と安定に不可欠との認識がある。
オバマ大統領が震災後、何度も日米同盟を強調するのはその証左だ。

米軍と自衛隊が一体となった救援活動を
「有事で日米が同盟力をいかに発揮するのか、国際社会が注視している」
(陸自幹部)のも事実だ。
日本が米国の同盟国として汗を流した実績も米国を突き動かしている。

アフガン戦争ではインド洋で補給活動をし、
イラク戦争では、どの国よりも早く「支持」を表明し、自衛隊をイラクに派遣。
このとき、小泉純一郎首相(当時)はくしくも
「有事に頼れるのは米国だけだから支持する」と語っている。

元国防次官補のジョセフ・ナイ米ハーバード大特別功労教授は
「友人である同盟国日本への心配と、
悲劇から立ち上がる日本人の力をたたえる気持ちから米国は支援している」と語った。

もちろん、陸自の第1空挺団にも出来たはずですが・・・
daiitikuuteidann.JPG



で、あの 『 腐れ外道 』 が、こんな事を言ってますが・・・
tujimoto.JPG

辻元清美に関するデマについて
辻元清美について以下のようなデマが流れていますが、すべてそのような事実はありません。

@阪神大震災のときに、辻元清美が「自衛隊は違憲です。自衛隊から食料を受け取らないでください」と書いたビラをまいた。
Aカンボジアでの自衛隊活動を視察した際に、辻元清美が自衛官に対し「あんた! そこ(胸ポケット)にコンドーム持っているでしょう」という言葉をぶつけた。
B今回の震災で、辻元清美が「事前協議なしの着陸は安全を無視した行為」と米軍の救援活動に抗議した。
C今回の震災で、辻元清美が「重機で十分。災害出動に戦車不要」と原発内の瓦礫除去に戦車投入に反対した。

こうしたデマに接したとき何より辛い思いをされるのは、被災者のみなさんや、自衛隊員のみなさん、家族の方々だと考えます。
どうかこうしたデマに惑わされることのないようお願い申し上げます。

またデマが拡散した背景には、一部報道機関(産経新聞3月16日、産経新聞3月21日)が事実を検証することなく紙面に掲載したことも関連しています。
この非常時に公器としての報道機関がデマを拡散させたことに、厳重に抗議いたします。
http://www.kiyomi.gr.jp/news/2011/03/23-2132.html

嘘つくなボケ!(怒)

「 阪神大震災 」 のとき被災者だった俺が、


@を「高速長田駅」の廃墟で直に見たっちゅうんじゃ!


コラァ辻元! おどれはナニかい?


神戸市民を全員 「 嘘つき 」 よばわりするんかい辻元!

neko.JPG



転載元 転載元: バイクでなくっちゃダメなんだ!!

タグ:売国民主党
2011年02月25日

国会審議 予算委員会 2011年2月24日 (木)

この審議を聴いて、現民主党内閣の答弁は「前向きでない」「逃げている」「先送りしている」「質問をすり替えている」と感じました。
皆さま方はどう思われましたか?

以下転載

ビデオライブラリ


このビデオライブラリは、国会審議テレビ中継で収録した音声と映像をそのまま提供しています。
(第174回国会〔2010年1月18日〕以降のものを継続して提供)
案件・発言者情報
開会日2011年2月24日 (木)
会議名予算委員会
収録時間5時間 32分
審議を初めからご覧になるには「 中継中 」をクリックしてください。
案件(議題順):
平成23年度総予算
発言者一覧
 
説明・質疑者等(発言順): 開始時間 所要時間
 中井洽(予算委員長) 9時 01分  01分
 近藤三津枝(自由民主党・無所属の会) 9時 02分  30分
 下村博文(自由民主党・無所属の会) 9時 32分  32分
 佐田玄一郎(自由民主党・無所属の会) 10時 04分  32分
 鴨下一郎(自由民主党・無所属の会) 10時 36分  1時間 04分
 中井洽(予算委員長) 15時 20分  01分
 高橋千鶴子(日本共産党) 15時 20分  41分
 遠藤乙彦(公明党) 16時 01分  59分
 吉泉秀男(社会民主党・市民連合) 17時 00分  30分
 柿澤未途(みんなの党) 17時 30分  32分
答弁者等
 
大臣等(建制順)
 片山善博(総務大臣 地域主権推進担当大臣 地域活性化担当)
 江田五月(法務大臣)
 前原誠司(外務大臣)
 野田佳彦(財務大臣)
 高木義明(文部科学大臣)
 細川律夫(厚生労働大臣)
 海江田万里(経済産業大臣)
 大畠章宏(国土交通大臣 海洋政策担当)
 松本龍(環境大臣 防災担当大臣)
 北澤俊美(防衛大臣)
 枝野幸男(内閣官房長官 沖縄及び北方対策担当大臣)
 与謝野馨(経済財政政策担当大臣 少子化対策担当大臣 男女共同参画担当大臣 社会保障・税一体改革担当)
 玄葉光一郎(「新しい公共」担当大臣 科学技術政策担当大臣 国家戦略担当 宇宙開発担当)

2011年01月27日

張 景子支那スパイを国外追放せよ!!

張 景子支那スパイを国外追放せよ!!
イメージ 1


張 景子(ちょう けいこ)は、帰化日本人日中韓研究家である[1]。元北京放送中国アナウンサー中国語-日本語-朝鮮語通訳であり、現在は語学教室「JCK話音」[1]を運営するほか立教大学兼任講師を務め、稲川素子事務所所属のタレントとしてテレビ等にもしばしば出演する。中国吉林省延吉市出身。

人物
朝鮮族中国人として、中国吉林省延吉市に生まれた。1986年昭和61年) から1990年まで北京外国語大学に在学し、日本語日本文化を専攻した [1]1990年平成2年)、中国国際放送(北京放送)のアナウンサーとなり、1997年まで務めた [1]
1999年平成11年)より東京大学大学院(地域文化研究)に在籍し、2001年に修士課程 [1][2]2005年に博士課程を修了した [1]。翌2006年平成18年)、立教大学兼任講師(朝鮮語担当)に就任した[1][3]
2008年平成20年)、「中国のパスポートよりも、日本のパスポートのほうが都合が良いから」[4]との理由から日本に帰化したが、その後も自分はあくまでも中国人であり、日本人になったつもりはないとしている[4][5]タレントとして日本のテレビ番組にしばしば出演し、中国や日中問題、在日外国人問題についての持論を展開している。

過去の発言
2006年平成18年)8月のテレビ番組討論では靖国神社について、「日本は侵略戦争をした。なぜ中国や韓国から批判のある靖国参拝をするのか?(要約)」と発言、評論家・宮崎哲弥の「チベット問題は中国の侵略ではないのか」と反論に対して「チベットは国内問題」と返した[6]

2010年平成22年)3月に出演したテレビ番組では、日本国憲法の解釈をめぐる議論において、政治評論家・三宅久之の第15条1項についての「『公務員を選定し、及びこれを罷免することは、国民固有の権利である。』その国民とは日本国民であるというふうに最高裁は判断しているんです。」との発言に対し、「違う。そんなこと言ってません。『国民とは国籍保持者のみのことではなく社会の構成員として日本の政治社会における政治決定に従わざるを得ない者を言う』と書いてあります。憲法の15条の1項に書いてある。」と反論した[5]。そして、そのような条文が実在しないことを他の出演者から指摘されると、逆ギレし、「嘘じゃありません、日本国憲法15条1項です。ちゃんとここに書いてあります。」と繰り返した[5]。後にこれは、永住資格を持った英国国籍のビッグス・アランが国を被告として訴えた時の言い分を引用したものであることが判明した。

また、同じ番組内で、自身が日本国籍を有している日本人である点を指摘され「中国は包容力があるので国籍が変わったからといってその人が中国人でなくなったという考えはしない。華僑は中国国籍の人々のこと、外国籍になると華人と言い、これも中国人。私は華人、日本籍中国人。だから『あなたは日本人でしょ』と言われるとドキっとしてしまう。」と答えている[5]
同月に放送された別の番組[7]では、中国がチベットに対して行った民族浄化問題について、チベット出身の政治学者・ペマ・ギャルポに「中国人はチベットに謝罪するべき」と指摘され、「なぜ私が謝罪しなければならないか。私は中国政府の代表者じゃない(要約)」と反論した[7]。また、在日外国人の日本への帰化について、日本人の配偶者を持つ在日タイ人の出演者が「タイ国民としてのアイデンティティがあるため、日本に帰化する気はない(要約)」と発言したのに対して、「日本のパスポートは世界で信用があるので簡単に外国に入国でき仕事上便利。中国のパスポートではビザの取得に時間がかかり不便(中国籍では簡単に外国に行けないから)。そのために日本国籍を取得した。今後、民族や国籍や国境という概念はますます薄れていく(要約)」との持論を展開した[8]において、下水から再生された地溝油に言及した際、「(下水油の件は)これは本当です。中国の人はほとんどみんな知っていることです。」と発言、これに対して阿川佐和子が「観光客としていった際、そんなこと言われませんでしたよ」といったのに対して「それはわざと言う必要ないかもしれないんですけど…」、「ひどいなあ」(阿川)、「10食のうち1食は食べているといわれてますね、一番危ないのは実は屋台なんですよ、屋台で使ってるシシカバブの油揚げとか、そういうものなんですが、それがまた美味しいんですよね、だからわたしもついつい、この前も行ってもう10本食べたんですけども」と語った。見た目でも味でも区別はできず、一般的な基準で検査してもわからず、低コストで暴利が得られるというのがネックとも[8]。こうした油を使用しているおそれのある食品を危険を承知で食べる理由を問われ、「見た目が美味しいし、味も同じなのでついつい…[8]タバコとかがやめられないのと似ているのではないでしょうか…」と答え、「危険性はあると思うんですけど、美味しいから食べちゃう」などとその美味しさが変わらないという問題点を強調した[8]。その後、5月6日付けの自らのブログ上にて、日本でも1960年代に現在ではゴミ収集車燃料として使用されているリサイクル油が食用に使われたことがあり、一部の商人が台湾で食用油として売っていたと書き込んでいる[2]

脚注
  1. ^ 所属事務所プロフィール
  2. ^ 東京大学大学院 総合文化研究科 地域文化研究専攻 修士論文題目一覧
  3. ^ 立教大学 教員一覧
  4. ^ 『たかじんのそこまで言って委員会』 (読売テレビ) 2010年3月14日放送
  5. ^ ビートたけしのTVタックル』 (テレビ朝日) 2010年3月1日放送
  6. ^太田光の私が総理大臣になったら…秘書田中。』 (日本テレビ) 2006年8月11日放送
  7. ^ たかじんのいつまでも反中で委員会〜緊急井戸端サミット・アジアは1つになれるか?〜』 (読売テレビ) 2010年3月14日放送(2010年8月22日張景子発言分再放送)
  8. ^ ビートたけしのTVタックル』 (テレビ朝日) 2010年5月3日放送

以上http://wkp.fresheye.com/wikipedia/%E5%BC%B5%E6%99%AF%E5%AD%90?site=BLK002&furl=http%3A%2F%2Ftalent.yahoo.co.jp%2Fpf%2Fdetail%2Fpp364887&ftitle=%E5%BC%B5%E6%99%AF%E5%AD%90転載

支那の我が国間接侵略(武力によらない消極的合法的侵略)進行中。
つまり、民主党が推進する政策、外国人参政権(中朝人が狙い)導入、重国籍法案、沖縄ビジョン
最小不幸社会の実現、公務員へのスト権付与、国民の祝日・休日に関する法案、可視化法案、子供手当、北朝鮮高校授業料無償化、夫婦別姓法案など枚挙にいとまがない。
これら全ての政策は支那に寄り添い、手を貸す共産主義政権与党である国賊民主一派の仕業である。
次の中国共産党「日本解放第二期工作要綱」をご覧いただければ、民主一派の売国政策と直結する。
「日本解放第二期工作要綱」と売国政策は見事なまでに整合性があることが分かる。



↓国賊民主一派の政策根拠↓
2011年01月13日

おかしな日本の常識に囚われずに、本当の日本の良さを知っていってほしい(田母神俊雄)

おかしな日本の常識に囚われずに、本当の日本の良さを知っていってほしい(田母神俊雄)

これからの時代を生きる若い人たちには、年寄り達が作り上げてきたおかしな日本の常識に囚われずに、本当の日本の良さを知っていってほしいと思います。

若者へのメッセージ1/3(田母神俊雄氏)



若者へのメッセージ2/3(田母神俊雄氏)


若者へのメッセージ3/3(田母神俊雄氏)


〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
2010年12月23日

ある「地球市民権力者」の専横

ある「地球市民権力者」の専横
2010.12.23 02:54
このニュースのトピックス:正論
 ◆「日本国民」と自己規定せず
 わが日本国の驚くべき官房長官について語ろうと思う。この人物はホームページで自らを日本国民ではなく、「地球市民」と規定している。では、この「地球市民」は尖閣諸島沖の中国漁船事件で一体、何を守ろうとしたのか。少なくとも、われわれの住む日本国という実体ではない。地球市民が住む「平和社会」という幻想を守ろうとしたのである。
 9月7日、国防動員法が施行され国家総動員体制下にある中国から、一隻の「民兵船」がやってきた。わが国の領海を侵す第一歩として、海上保安庁の巡視船に体当たり攻撃をしかけ、船長以下は拘束された。正式に逮捕するには令状が必要になる。そこで令状を請求してよいですかと、菅直人民主党官邸にお伺いを立てた。
 海上保安部編集のビデオ映像を見た前原誠司国土交通相(当時、現外相)は、逮捕を主張した。仙谷由人官房長官は内心では反対ながら、本気で反対しなかった。船長を逮捕して裁判にかければ、公判維持のため、ビデオは非公開とせざるを得ない。ビデオを隠匿し、「平和社会」を守れる。とにかく、映像を民衆に見せてはならない。それは民主主義に優先する。
 官邸からゴーサインが出て令状が請求され、翌日、船長は逮捕された。13日午後には船長以外14人を釈放し、中国機で送還してあげた。仙谷氏はこれで別の状況が開けると思った。しかし事態は氏の予期せぬ方向へと進む。同じ「平和社会」の隣人のはずの中国が、19日に船長の即時無条件釈放を要求し、報復措置として日中の閣僚級交流を停止した。22日には、日本向けレアアース(希土類)の輸出全面差し止めに踏み切ったことが報じられた。23日には、建設会社フジタの社員4人が拘束されたことが判明する。平和主義者はあわてた。ゆえに、「中国に分かってもらえるはずだと思っていた」と、後に語ったのである。
 ◆ビデオ非公開は長官の意思
 仙谷氏の朋友、松本健一内閣参与が最近、テレビニュースで語ったように、ビデオ秘匿と外務省無視は当初から仙谷氏の意思であった。かくして仙谷氏の“独断外交”が始まる。氏は朋友、中国コンサルタントの篠原令氏を通じ、程永華駐日中国大使と事前調整を始めた。ある外務省幹部の言が残されている。「日中関係が緊迫したときに首相官邸が日本の外交官を信用せず、中国外務省に相談したことに衝撃を受けた」という。
 23日には前原外相が、クリントン米国務長官とニューヨークで初めて会談し、長官は、尖閣諸島が日米安全保障条約第5条の適用対象になるとの見解を表明した。
 24日には那覇地検が、処分保留で中国漁船長を釈放する。不起訴処分は検察の判断で然(しか)るべきだが、この判断に仙谷氏の政治介入があり、同氏が在日中国大使館に釈放を事前通報していたというのが、12月6日付毎日新聞のスクープである。仙谷氏は否定したが、25日未明の石垣空港には釈放された船長を中国機が出迎えに来ていた。スクープ当日には、テレビで先の篠原氏が「船長を釈放しなければ中国軍が尖閣に上陸し、戦争になっていた」と擁護した。
 ◆独断外交の結果、中華風無視
 では、仙谷氏の目的は何かといえば、「平和の破壊者」をかばうことにあった。船長を釈放すると以後は公判が開けなくなり、ビデオ非公開事由が消滅してしまう。仙谷氏は速やかに動いた。29日、密命を受けた民主党衆院議員の細野豪志氏が訪中、篠原氏、須川清司内閣官房専門調査員とともに、戴秉国国務委員(副首相級)、中国外務省幹部らと7時間会談する。中国側は「衝突ビデオ非公開」「仲井真弘多沖縄県知事の尖閣諸島視察中止」を要求し、仙谷氏がこれをのんで、民主党はビデオの非公開を決定したとされるが、疑問が残る。映像を見せて非公開の要求を中国側からあえて引き出したと見る方が自然であろう。
 仙谷氏の努力の結果として、翌日フジタ社員3人が解放され、10月9日にはフジタ社員の残る1人も釈放された、かに見えた。ビデオは無事隠匿され、仙谷官房長官は「平和社会」が守れたと得意顔だった。だが本当に効いていたのは密約の方ではなく、クリントン長官の表明の方であった。メンツを潰(つぶ)されたと感じた中国は29日、ASEAN(東南アジア諸国連合)関連会議への出席でハノイ訪問中の温家宝首相が菅首相と会談しないと伝えた。そして議場で、尖閣諸島は中国領だと強引にも宣言、菅首相に中華風無視の態度をあからさまに示したのである。
 その後は周知のように、11月4日、映像の前半部分がインターネット動画サイトに流出した。ビデオ非公開の意味は完全に消滅し、仙谷氏は処罰しろと怒りまくったという。結局、日本側の対応は、仙谷氏主導の外交によりビデオ隠匿を主目的として展開された。これは、日本国民の誇りを汚し、中国の攻撃的姿勢でほころびた「平和社会」を必死で繕おうとした、ある「地球市民権力者」の専横の笑うに笑えない記録である。(ふるた ひろし)

http://sankei.jp.msn.com/politics/policy/101223/plc1012230256003-n1.htm転載

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

共産主義民主党の売国状況 共産主義民主党の売国状況はこちら⇒tearface

     

モノを言う新聞⇒産 経 新 聞

posted at 22:29
Comment(0)
カテゴリー:共産主義民主党
エントリー:ある「地球市民権力者」の専横
2010年11月26日

拡散:沖縄知事選、伊波氏では中国に尖閣がとられる 【ネットデモ】

沖縄知事選は、絶対に!
仲井眞弘多氏が勝たなくてはならない。

11月28日(日)は、沖縄県知事の選挙がある。
3人の立候補の中、現職の仲井眞氏と伊波氏の一騎打ちとなっている。

イメージ 1

伊波氏を支持している社民党
社民党は、鳩山元総理とともに、普天間基地を国外・最低でも県外へと移設を
訴えていた党である。
イメージ 3

      ↑ ↑ ↑
米軍を、中国と日本の間から
遠ざけようとする社民党と民主党


鳩山元総理率いる民主党も、県外・国外を訴えていたのだから、本来、社民党と同じ伊波氏支持であったはず。

しかし、5月。
イメージ 2

鳩山元総理が、やっと米軍が抑止力として沖縄に存在しなければならないことに気がつき、自民党案であった辺野古への移設に舵を戻した。
その後、社民党は連立を離脱。
その後、
イメージ 4
イメージ 5



日本の国防がかかっている米軍基地問題を、
沖縄知事選の結果をみて方向性をかえようとする無責任内閣。

イメージ 6


イメージ 7


      ↑↑↑
社民党・共産党が支持する伊波氏は、
抑止力(米軍)を沖縄からなくし、
島々に自衛隊も配備させません。
中国は喜んで尖閣諸島に上陸してくることでしょう。
中国は話合いで解決できる相手ではありません。
イメージ 8

沖縄知事選は、絶対に!
仲井眞弘多氏が勝たなくてはならない。
仲井眞氏は、県外移設を訴えていますが、
まだ話し合いに応じてくれる人物です。
普天間基地解決の道が残されます!
7月28日は、日本の命運がかかっています。
拡散のご協力お願いします。

イメージ 9

転載元 転載元: ダヴィ​ンチの小部屋

共産主義民主党の売国状況 共産主義民主党の売国状況はこちら⇒tearface

     

モノを言う新聞⇒産 経 新 聞

2010年11月25日

政権交代 ネットデモ!!堪忍袋の緒が切れた

政権交代 ネットデモ!!堪忍袋の緒が切れた。

■だから言わんこっちゃない。朝鮮学校無償化。幼児レベルの低知能極左民主一派。

■北朝鮮が「許し難い蛮行」というなら、杜撰な出遅れ危機管理はどうなるんだ!
危機管理は1秒を争う重要事だ。
専門家を入れた安全保障会議、なぜやらぬ??

以下転載

「出てけっ、このばか女!」「何をっ、できるもんならやってみろ」。朝から長屋では、夫婦喧嘩(げんか)の真っ最中だ。見かねた家主が仲裁に入り、唐土(もろこし)にいたという、生涯一度も喧嘩をしたことのない人の話を始めた。
 ▼その人は腹の立つことがあっても笑って受け流し、家に帰って甕(かめ)の中に怒りを吹き込んでしまうという。夫婦は家主の勧めに従って堪忍袋を作り、互いの悪口を中に放り込むようにした。「コロッケの唄」の作者でもある益田太郎冠者新作落語、「堪忍袋」である。
 ▼23日の午後、韓国の延坪(ヨンピョン)島を砲撃した北朝鮮は、現場付近で軍事演習を行った韓国軍が、「挑発した」と主張している。まるで「堪忍袋の緒が切れた」と言わんばかりだ。ただ理由はそれだけではない。
 ▼金正日総書記の後継者に決まった三男、金正恩氏の体制を固めるための「業績作り」、との見方が一般的だ。2国間の交渉に応じない米国に対する不満の表明、と受け取った専門家もいる。
 ▼いずれにせよ今のところは北朝鮮に、戦争再発の覚悟まではないはずだ。むしろ北朝鮮の方が、韓国や米国、日本、そして保護者である中国の堪忍袋のふくらみ具合を注視しているといえる。いやもちろん、悲痛な堪忍をほかの誰よりも強いられてきたのが、北朝鮮による拉致被害者とその家族だった。
 ▼落語は、夫婦を訪ねた酔っぱらいが堪忍袋の緒を切り、長屋中の喧嘩が飛び出す下げとなる。北朝鮮をめぐる堪忍袋の行方も予断を許さない。きのう菅直人首相は、「許し難い蛮行だ」と急に非難のトーンを上げた。意気軒高は結構だが、政権浮揚の思惑がちらつくようでは、たちまち行き詰まること必定と、くぎを刺しておく。


共産主義民主党の売国状況 共産主義民主党の売国状況はこちら⇒tearface

     

モノを言う新聞⇒産 経 新 聞

政権交代!ネットデモ!在沖縄米海兵隊の存在意義

政権交代!ネットデモ!在沖縄米海兵隊の存在意義

■2枚舌、民主一派の矛盾
日米安保の深化と言いながら、具体的に何もしていない。
普天間問題に極めて消極的。

在沖縄米海兵隊の存在意義

米海兵隊は19才から25歳までの若年兵を中心とする実戦戦闘部隊(米第4軍)で、太平洋海兵艦隊に所属し、役務支援軍と海兵航空団とともに海兵遠征軍のなかに組み込まれて実戦に参加している。
上陸作戦を主任務とする海兵隊の大きな特徴は、海軍機や空軍機に依存せず独自に地上支援任務を行う能力を有しており、そのため、独自の航空部隊(機体の所属マーキングも“MARINES”)のほか、軍艦も大砲を保有している。
すなわち、陸でも空でも海でも戦争ができる部隊であり、ベトナム戦争においても投入された。
なお、徴兵制が実施されていたベトナム戦争当時でも、この海兵隊に関しては全員志願兵であった。
在沖米海兵隊は第3海兵師団に属する戦闘部隊と海兵隊基地の維持や補給を任務とする部隊の2つにわけられており、沖縄の海兵隊はキャンブ・バトラー(ズケラン)に司令部があり、その司令官は全在沖米軍の4軍調整官を兼ねている。

朝鮮戦争で釜山まで追い詰められた国連軍の中心部隊として反撃の先頭に立ちソウル奪還の一番乗りを果たしたという。何を言いたいかというと、海兵隊は米本土を防衛するのが任務ではなく、海外遠征でたえず他国を睨み、空でも陸でも海でも常時戦闘できる部隊であるということだ。

つまり在沖縄米海兵隊は、主に日本国を含む東アジアの安定に寄与しているのである。

小沢一郎中国共産党人民軍野戦司令官にとって、この屈強にして精鋭部隊である沖縄米海兵隊が恐怖であり極めて邪魔な存在であろう。


共産主義民主党の売国状況 共産主義民主党の売国状況はこちら⇒tearface

     

モノを言う新聞⇒産 経 新 聞

ネットデモ! 打倒!極左民主一味、社民党、共産党 

ネットデモ! 打倒!極左民主一味、社民党、共産党 

■北朝鮮の横暴に対して、大反対するならば、そして日米同盟の深化を謳うなら、
現実的根拠を示せ!具体的対応を示せ。

■2枚舌の極左一味、なぜ!普天間基地反対なのだ?

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜


■米海兵隊、沖縄駐留の意義

1 必要性・重要性
  「軍事行動は1秒の遅れが命取りになる」、このことは対敵行動の原理原則である。
そして、大陸国家を、特に覇権主義中国を敵と想定した場合、「地の利を得た軍事的拠点」は沖縄群島が最適であろう。
勿論、沖縄における間接侵略と呼ばれる住民かく乱、反米闘争による軍事的空白を生じさせないためにも、睨みを利かせる軍事拠点が必要なことは言うまでもない。
むしろ、現段階では、沖縄に「1国2制度」を導入し、中国呼び込みを企図している現民主党連立政権の企図粉砕のために、スパイ防止法などの間接侵略対策が併せて重要であり、必要不可欠である。

2 我が国の防衛力の現状
我が国の防衛力は、近年削減傾向にあり、また集団的自衛権の下、日米軍事同盟に依存し、米軍と自衛隊の一体運用をしている現状である。

3 沖縄の軍事的現実
地の利を得た軍事的要衝の地「沖縄」は、県民感情の賛否にかかわらず、今後も重要軍事拠点であることに変わりはない。
このことは、「国家を守る」という国家の使命を念頭に置くならば、厳然として存在する冷徹な事実に違いない。

4 沖縄における基本戦略
集団的自衛権を放棄し、日米軍事同盟を廃棄処分にするという、空想的戦略は論外であり、もしもこの方向で我が国が進むならば、沖縄に軍事空白が生じ、覇権主義国家中国に沖縄も蝕まれていくであろう。

過去軍事空白が生じた地域は、水が高いところから低いところに流れるがごとく、地域紛争の水が流れこんでいる。

したがって、沖縄から少しでも「軍事基地をなくする」ことは、沖縄が紛争に再び、三度巻き込まれることと同義である。

沖縄に軍事的空白をを生じさせないことが基本戦略となる。

5沖縄に軍事的空白を生じさせないための方策
次のプロセスで進むことが最良案であると考える。
【日米軍事同盟の強化】⇒【我が国防衛力の増強と間接侵略対処】⇒【米軍の逐次沖縄撤退】

6方策実現に向けて、先ず行わなければならないこと
それは「民主党連立政権」の打倒である。
既に、沖縄の海は「友愛の海」ではない。
「激突の海」でもない。
「黙って手を打たないでいる海」である。

7参考資料
■国際軍事情勢(我が国周辺情勢を中心に)
http://www.kantei.go.jp/jp/singi/shin-ampobouei2010/dai2/siryou.pdf

戦略地政学的に見たわが国の防衛特性
http://www.drc-jpn.org/AR-8/yoshida-04j.htm

http://www.kanji.okinawa.usmc.mil/(在日米国海兵隊トップページ 米国防総省公認サイト)
http://www.kanji.okinawa.usmc.mil/Regional/Regional%20Impact.html(在日米国海兵隊ー地域への影響)
http://www.kanji.okinawa.usmc.mil/Units/iiimef.html(第三海兵遠征軍)
http://www.kanji.okinawa.usmc.mil/Units/iiidiv.html(第三海兵師団)
http://www.kanji.okinawa.usmc.mil/Units/1maw.html(第一海兵航空団)
http://www.kanji.okinawa.usmc.mil/Units/3mlg.html(第三海兵兵站群)
http://www.kanji.okinawa.usmc.mil/Units/iiimeb.html(第三海兵遠征旅団)
http://www.kanji.okinawa.usmc.mil/Units/31meu.html(第31海兵遠征部隊)
共産主義民主党の売国状況 共産主義民主党の売国状況はこちら⇒tearface

     

モノを言う新聞⇒産 経 新 聞