2016年10月29日

次期衆院選における反日勢力の住民異動届と不正選挙の危険性


イメージ 1


次期衆院選は、早ければ年内実施との情報が飛び交っている。
反日4野党・中国の犬畜生どもは、不正選挙を平然とやってのけることが予想される。

蓮舫選挙区への住民異動届
マンションやアパートを借り受け、数十人単位ですでに住民異動届を提出し、今後益々拡大の危険性がある。
単に選挙投票のためだけの異動であり、その資金源は中国共産党である。

不正選挙の手口の幾つか
・集計作業における不正
 各投票所における集計結果の合計を算出する際の不正は被害が甚大だ。
例えば0を一桁多くして、対立候補の0を一桁少なくし、さらに数合わせの微調整をすれば完璧だ。

・投票所における不正
「自民党」の民の字を消し、自由党にすることが、可能だ。
・また、投票所における集計も電計入力時に不正操作が可能である。

●対処方法
マイナンバーによる中国からの不正な活動資金流入を阻止する。
駐日中国大使を真夜中に呼び出し、事前に警告しておく。
今後駐日中国大使はすべて真夜中に呼び出す。
反日など自治労の職員や教育委員会日教組の職員・帰化人職員を選挙作業に従事させない。人選を厳格に行う。
集計業者の選定にあたっては、公務員としての「適格性審査」を行う。
アルバイトは雇わない。
投票は鉛筆ではなく「ボールペン」で行う。
手作業での集計を並行して行いダブルでチェックする。



2016年10月22日

【国賊民進一派】民進党・蓮舫、ウソ連発で法務省が激怒… 逮捕へのカウントダウン開始

2.PNG


2016/10/19 に公開
民進党・蓮舫、ウソ連発で法務省が激怒… 逮捕へのカウントダウン開始












【スパイ蓮舫関係記事一覧】