【戦い方の選択肢】外交戦と武力戦と、戦い方の一事例

99ステルス.JPG

 特亜との戦いにおいて、現在、米朝の戦いとして報道などでは位置付けられている。
そして、中国とロシアは、「外交交渉で解決すべき」と第3者であるかのごとき振る舞いをし、日米側に要求している。

このまま、米朝戦争に突き進めば、日米は中国・ロシア・北朝鮮との武力戦を強いられ、3正面作戦の厳しい戦いとなるだろう。

したがって、一見高み見物の中露が希望するとおり、北朝鮮とは対話継続を進めてはどうだろうか?
何故なら
北朝鮮は中国から「先に手を出せば」支持しないと言われている。
北朝鮮が望んでいることは、核保有国として米国と対等な立場で交渉することである。
それならば、望みのとおり、北朝鮮の核武装容認を受け入れ、対等の立場で交渉すれば、米朝戦争を回避できる。
この容認により、中国もショックを受ける(理由:後述)

以上、中国、ロシア、北朝鮮の希望を受け入れれば、この敵3国から文句は出てこないであろう。

そして、次の段階が重要である。
つまり
日米は戦いの矛先を南シナ海の人工島に転換し、中国を高みの見物的姿勢から引きずり降ろし、対中国戦に絞り、戦うならば、3正面の厳しい戦いは避けられる。

つまり、当面、ロシアと北朝鮮は外交交渉で、中国に対しては武力戦で、ということになる。

この場合、ロシアが中国と手を組み武力戦に参加するとは考えにくい。
ロシアの潜在的脅威は常に中国であるからだ。
シベリアにおいて中国の人口侵略が進んでいる状況もある。
北極圏への中国の侵出企図はロシアにとって脅威であり、ロシアの千島列島軍事強化がその証である。
また、日露関係は現在外交交渉が進んでおり、武力戦の方向ではない。
ロシア経済は最貧に近い状態であり、我が国の経済支援を、喉から手が出るほど欲しがっている
このような理由により、ロシアは米中の戦いには参加しないであろう。

北朝鮮はというと
正恩の目的は、強い金王朝の存続であり、領土拡大の野望はないし、それだけの国力もない。
米国がその存在を国際的に容認することで、満足する筈だ。
わが国としては、人質(拉致被害者)の安全確保できる可能性も大である。
また、金正日の遺言に「中国を最も警戒せよ」との絶対命令がある。
中国と北朝鮮との関係は、現在、中国が金正男擁立企図に怒った正恩が中国通の叔父を殺したこともあり、この正恩の習近平への恨みは極めて深く深刻である。
主戦場が北朝鮮の国土でないこともあり、真剣に米国と戦うとは考えられない。
中国に組しない場合、命綱の経済支援がなくなり、中国から武力攻撃を受ける危険性もある。
この場合
北朝鮮はロシアの支援を受けることになるだろう。現在もロシアの支援拡大中だ。
わが国は、他国と異なり、北朝鮮の核拡散について、今は懸念しなくて良い。
この拡散という抽象的な事柄は、国連を中心とした世界が懸念すれば良い。
世界中が困難に陥るだけだ。
わが国が核拡散防止について、リーダーシップをとる必要など全くない、それは出しゃばりの非現実的な理想像を示すに終始するだけであり、ただの自己満足にすぎない。

日米武力戦の敵は中国一本に絞った戦いが可能となる。
現在の状況では、中国海空軍は未だ生まれたばかりだ。
軍拡激しい中国に対しては、開戦は早期が理に適っている。
我が方の勝利は固い。
相互確証破壊兵器である核使用は、お互いに使用不可能だ。
国際ルールに違反した、中国の南シナ海人工島軍事基地化は
先制攻撃破壊を受けて当然だ。
日米はインドとオーストラリア、インド洋などに領土を保有するイギリスの支援を得て陽動・対峙すれば、なお良い。
ドイツは大東亜戦争時同様、中共に裏で肩入れしている。

日米の当面の敵は中国一本だ。
とりあえず、自由航行作戦ではなく、人工島奇襲破壊作戦に切り替え、様子見で手打ち式・戦い中止に引き込めれば、それで良し。
中国人民解放軍を倒せば、後はどうにでもなる。
米朝戦争よりも日米VS中共戦争を推し進めれば、東アジアにおける平和は後々維持可能である。

くれぐれも、暗躍する国際共産主義組織コミンテルンの日本潰し策謀に乗ってはならない。
くれぐれも大東亜戦争における同様の策謀を2度と繰り返させてはならない。

【核防護・核武装関係記事リスト】
〜〜〜〜〜〜〜〜
なお、現時点で国民にとって直接の脅威は、電磁パルス攻撃であり、この対処だ。
国民個々が、大停電に備え、懐中電灯・ろうそく等と緊急連絡用の手動式手回しの電話機を確保、最低限準備しておくことが肝要である。
手動式が実際役に立つのか不明(笑)
2017年08月30日

来るべき日中戦争における心構え

99ステルス.JPG
中共は力のみを信奉する無法国家である。
法律や約束事は紙屑であり、外交交渉には通用しない。
このことは、南シナ海における中共の埋め立て・軍事基地建設化に対して、国際裁判所の違法との裁定に従わなかったことから明らかである。
また、東シナ海における、日中共同の石油開発や漁業権について、我が国との約束を一方的に反故にし、尖閣や沖縄の領有権を主張している。
更に、伊豆大島や小笠原諸島における赤サンゴ収奪は泥棒である。

したがって
我が国民主主義や武士道は通用しないと心得たほうが良い。
民主主義国家の戦い方は、国民の総意に基づき決定されることから、戦いに至るまでには、民主的決定に長期間を要し、遅れをとってしまう。
また、我が国武士道は、国際ルールや生命の尊重、戦いのルールに則り、正しい戦い方を常としてきた。
しかしながら、武士道に即した礼儀をわきまえた戦い方では、隙ができる。
白旗を掲げた敵に対して、敵将兵を捕虜として扱う我が国にとって、敵は負けたふりをして、突然攻撃を仕掛けてくるかもしれない。
敵将兵は民間人の衣服をまとい、便衣兵として、攻撃してこよう。
尖閣におけるシナの偽装民兵が良い例だ。
敵は「騙し」や「プロパガンダ」は戦い方の一つの戦法として捉えており、全く罪の意識が無い。
かつて、毛沢東は日本の事を「法匪」と呼んで、はばからなかった。
日本は、法に忠実であり、約束は守る、というのが当然と考えているが、シナに言わせると、法律を盾にした匪賊と、捉えている。
だから、対シナ外交交渉や武力戦において法律や約束事、正しい定められた戦い方は、通用せず、足元をすくわれかねない。

したがって
対シナ外交交渉においては、正義の法を振りかざしても無駄である。
我が国軍事力を基準として、その時、都合の良い発言をすることで対シナ外交交渉は成立する。約束は紙切れと考えて、我が国は専ら軍事力増強の野心を持ち続け、秘匿実行する事が大切である。
特に、核武装の秘匿推進こそ、平和維持に寄与すると考える。
わが国は、特に軍事的合理性を追求し、実行していくことが要求される。
シナ側から「あの時の約束はどうなったのか」と怒らせるぐらいがちょうど良い。

シナとの武力衝突は早い方が良い。
何故なら、シナの海軍力や空軍力は、増強しつつあるものの、まだまだ今一であり、自衛隊の力には及ばない。
即ち、軍事力で優勢に戦える今のうちに戦う方が理に適っているのである。

先ず、シナを怒らせることである。
そのため、積極的に靖国参拝をするのも良し。
早期武力衝突は、我が国に勝利をもたらす。
批判に対して馬耳東風で差し支えない。
領海侵犯に対しては撃沈して良し。
領空侵犯も同様、撃墜が最善策である。要すれば、大陸近郊まで追撃も良し。

わが国、超法規的措置により、日中戦争の早期実現を望む!!

posted at 13:24
Comment(0)
カテゴリー:軍事
エントリー:来るべき日中戦争における心構え
2017年08月09日

拡散【秋葉原 安倍辞めろコール】選挙妨害犯一派の画像と名前が判明

99ステルス.JPG


【KSM】反日サヨク・反日メディアが嘘をつく理由を考える会 2017/7/5
重ねて拡散をお願い申し上げます。

【鬼畜マスコミ関係記事リスト】
【売国NHK記事リスト】
【売国朝日新聞記事リスト】